読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稽古日記 その七百六十八《空志会練習》

渋谷区大会が終わって、最初の練習会。

出席は11名。

ジタバタと筋トレの後、軽く膝の抜きの練習。2人一組で、相手が落とした拳サポを床につく前に掴む。その時膝カックンみたいに抜く。ちょと身体が浮く感じもする。

その後は、男女に分かれて打ち込み。

ちょっと動きながら、攻撃だけ・受け返しで、上段・中段・蹴り技。

相手が立つと、いつ出ていいか分からなくなる。

それで「行かなきゃ」って出すと中途半端になって怒られる

そんなことの繰り返しだった。

気持ちが前向きになっても、中々上達するもんじゃないわ

型の初めはタイキョク初段。

ひたすら中段突き。

上段突きになると二段

前蹴りと回し蹴りもやった。

移動基本みたいだけど、「型」と言われると気持ちが違ってくる。転身や下段払いもあるし

ここで軸の位置をしっかりさせる。

腰に頭の先まで真っ直ぐ乗せること。

現在ソレを練習中

どうしてもピョン吉に引っ張られるみたいに、軸が前に歪んじゃうから

次から次へと「ダメ」を掘り返されて、ちっとも前に進まない感じ