読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インテークマニホールドのひび割れ

え〜と、また一つバイクの部品にひび割れを発見しました。

エアフィルターを外してお掃除をしたんだけど、埃もなく問題ないのでそのまま取り付けました。

で、ふと見るとその下のゴムのパーツにひび割れが有るんですよ。画像1

ありゃりゃ・・・と、メガネを外してよく見ると、かなりのひび割れですね。画像2

これはさすがにまずいんじゃないか?

このパーツは何だろうか。

って事で検索してみました。

このパーツはシリンダーに混合気を送り込む、インテークマニホールドという物みたいです。

純正品などはゴムの中に鉄芯が入っていて、表面のゴムがひび割れても問題なく使えることもあるそうですけど、割れが中まで行っちゃうと2次空気を吸い込んでエンジンが不調になるようです。

つまり、余計な空気を吸い込んで燃料がさらに薄まるって事か?

「このパーツは、経年変化によりヒビが入りやすい部品です。エンジンの調子が悪くなることもありますので、異変を感じましたら早めの交換をオススメ致します。」だそうです。

あちこち見てみたんだけど、純正品は高いですね。(こればっか)

ひびが入りやすい部品なら、安い社外品でいいことにしよう。

どうせ中国製だろうけど半値以下で買えます。

もしかしたら純正品も中国製かも知れないし・・・?