読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗号の正体は対話か?

週末の朝鮮半島危機がとりあえず回避されました。

これだけ世界中に迷惑をかけている国なのにも関わらず、

一部のマスコミは「今こそ北朝鮮と対話を」なんて言い出している。

つまり、北朝鮮は核戦争の恐怖をどうとかと言っていますが、

本当に核戦争をすることなどできないことがわかっているのです。

だからこそ、ミサイルや核実験で世界中を振り向かせて、

なんだかんだで、経済支援などを受けて生き延びてきたのです。

結局は、ミサイルの打ち合いなんてできないので、ここらへんで

仲直りして、日本の金で北朝鮮に投資して、国を発展させてくださいと言う訳だ。

厚かましいにもほどがあります。

今まで、いくつもの国が北朝鮮と対話を試みて、金だけとられて

酷い目にあったのでしょうか。

これは韓国にも言えることです。

日本は朝鮮人は相手にしないと言う決意をしっかり持たなくてはなりません。

北朝鮮に対して、誰が攻撃しても構いませんが、金王朝を皆殺しにする以外、

北朝鮮をまともな国にする手段はありません。

人道支援と言う話に騙されてはいけません。

北朝鮮はもはや戦争以外で解決できないところまで、突き進んでしまったのです。

北朝鮮を擁護する声が急に増えたのも、日本国内にいる工作員

このような発言をして、マスコミがそれを取り上げて報道する。

敵国のスパイもかなり日本の中枢に入り込んでいるようです。

一人一人が愛国心を持って、間違った意見に声を上げなければ、

この国は北朝鮮と戦争をする前に、内部崩壊してしまいます。

内部崩壊と言えば、先日民進党の代表代行を辞任した細野君。

すでに民進党内から不満が爆発の様子。

民進党も敵国の傀儡政権なんだから、もっとまともな奴はいなかったのかね?w