読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新車ではない

息子が預金のために、一週間に2500円昼御飯で辛抱をした。

皆は羨望の気持ちでいたろうに、すぐに小さな傷をつけられた。

しばらくして、なにかをしてくると感じた。

案の定、赤の他人がネット販売みたいに話す。

ローン返済ができないように仕向けてくる。

不動産ブローカーがやる手口。

どうして不幸なことしか仕向けてこないのか。

まず、育てられ方を考えた。

「言うことを聞かないとたたく、ご飯を与えない、暴力を続ける、働いた給料をむしりとる」

こんな真似をされたのだろう。

ありがちな養子縁組。

強いる、不幸をむけてやりたい。

幸せな人間には同じようにしてやりたい。

自分だけが不幸やお金に困るのは不満だ。

お金に困れば車は売るだろうし古い家屋も売るだろう。

たぶん、こんなものの考え方しかできないのだろう。かわいそうな人間でチャンスを逃がす。

車のための努力した口座番号を奪えば、私の口座番号や母の口座番号まで繋がる。

それを欲しがる。

だから、銀行口座番号は買えたり解約はしないほうがよい。

しばらく、年金記録や口座番号を大切にしないとならない。

何もかも履歴を狙っている。

一万円でも定期預金があったほうがよい。

万が一銀行が合併しても定期預金から口座番号をつなげられます。