読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安と執着(--;)

この2つの大きな壁を乗り越えることが出来ず、また、遠離することも叶わず、死ぬまでこの不安と執着に寄りっていかねばならない。不安が的中したその暁には色々な堪え難い痛みや怒り、悲しみが待っている。皆そんな恐れを抱いて生きているのだ。如何に繕ってみても刃物で刺されれば痛い、空腹も、寒さも辛い。また、そんな現実は身近に沢山目にしながら、さらに不安と恐怖を煽る。戦国時代も今も出口の無い絶望から救われ無い人は沢山います。しかし、もう止めなくては…あらゆる部分から人の生活というものに向き合って行かなければ…。ユートピアを実現するために( ̄∀ ̄)